• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 健康保険とは > 健康保険のしくみ

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

健康保険とは

健康保険のしくみ

健康保険制度とは?

 毎日の生活の中で、自分や家族がケガをしたり病気になったとき、また出産や死亡などの際、医療費や生活費の問題が生じます。このような不時の出費に備え、生活上の不安を少しでも取り除く目的から生まれたのが健康保険制度です。
 健康保険制度は、普段から職場で働く一人ひとりがその収入に応じて保険料を出し合い、これに事業主(会社)の負担も加えた財源によってまかなわれ、いざというとき必要な給付を行います。

サッポロビール本社地図

健康保険組合とは?

 1つまたは2つ以上の会社や工場で、常時700人以上の従業員が働いている事業所では、厚生労働大臣の許可を得て、独自の健康保険組合を設立することができます。これを組合管掌健康保険(略して「組合健保」)といいます。当健康保険組合は、厚生労働大臣の認可を得て設立された組合健保です。

当健康保険組合のご案内

健康保険組合の組織と運営

被保険者と被扶養者

 わが国の健康保険制度では、企業で働く人はすべて健康保険に加入することになっています。入社された日より健康保険の被保険者となります。
 また、健康保険制度への加入は世帯単位となっており、被保険者に生計を維持されている3親等以内の親族で、他の医療保険に加入していない方は、被扶養者として健康保険のサービスを受けることができるようになります。

健康保険に加入する人

入社したら、保険証が配られ、保険料が毎月の給料から天引きされます。また家族を被扶養者にされる方もいらっしゃるかと思います。健康保険について入社後の手続きを見ておいてください。

保険証について

 健康保険の被保険者被扶養者になると、「健康保険被保険者証(保険証)」が配付されます。
 この保険証を提示することによって、健康保険の扱いで病気やケガなどの治療費が少ない自己負担で済むなど、健康保険の趣旨に見合ったさまざまなサービスが受けられます。このように保険証は、お金と同様に大切な価値のあるものです。

保険証について

健康保険の保険料

 健康保険に加入すると、保険料が毎月のお給料から自動的に差し引かれます。
 また、ボーナスが支給される場合は、ボーナスからも保険料を納めることになっています。
 保険料は、被保険者の収入に応じて決められますが、毎月の収入額は月によってばらつきがあるため、計算しやすいように標準的な収入額(標準報酬月額)を決め、これをもとに計算しています。
 このように皆さんの大切な給料などから拠出したお金に、事業主からの拠出を加えたお金で健康保険は、成り立っています。

標準報酬と保険料について

健康保険組合のしごと

 健康保険組合の仕事は、大きく分けて「保険給付」と「保健事業」の二つがあります。

保険給付

 健康保険の保健給付は業務外(通勤途上外)の「病気」「ケガ」、そして「死亡」「出産」を対象にしています。
本人(被保険者)・家族(被扶養者)が病気やケガをしたときに、健康保険を扱っている病院では
 一般に、実際にかかった診療費の3割の負担で診療を受けることができます。残り7割分を健康保険組合が負担します。
 「仕事中または通勤途中のケガ」の場合、ケガの程度や自損事故または相手のいる事故などの有無にかかわらず健康保険を使用することはできません。

保険給付一覧

病気やケガをしたとき

健康づくり事業(保健事業)

 健康づくり事業(保健事業)は、被保険者および被扶養者の皆さんの健康の増進を図り、病気を予防するための健康診断や、体力づくり・生活習慣改善のための事業です。
  病気になってからではなく、病気にかからないための予防を行うことで皆さまの健康的な暮らしをサポートします。ぜひ当健康保険組合の健康づくり事業を積極的に活用してください。

健康づくり事業