• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 保険給付 > 病院・診療所でかかるときの自己負担

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

保険給

病院・診療所でかかるときの自己負担

療養の給付・家族療養費

医療費の自己負担は3割

 入院・通院とも、診療にかかった費用の3割を医療機関の窓口で自己負担します。したがって、7割は健康保険から給付されます。小学校入学前の乳幼児については、8割が給付され、2割が患者負担となります。この中には、診察・投薬・手術・入院・在宅での療養など、治療のために必要とされる医療はすべて含まれます。一方で食事代や差額ベッド代おむつ代などは含まれません。

当健保の付加給付はこちら

知っておきたい
公費で受けられる医療

 健康保険は業務外の病気、けがの場合、療養の給付が行なわれますが、下記のような場合は国や自治体による医療費の全額あるいは一部の負担・助成を受けられる場合があります。

国による負担の例

国による補償として戦傷病者や原爆の被爆者に対する負担・結核や伝染病などが社会的に拡大するのを防止するための負担・身体障害者に対する医療など、社会福祉的な意味での負担・治療研究のための難病(特定疾患・小児慢性特定疾患)に対する負担

地方公共団体による助成の例

乳幼児医療費への助成・ 重度障害者への医療費の助成・ 母子家庭などへの医療費の助成

※公費負担・助成を受けているにもかかわらず、健康保険組合からの保険給付を重複することのないように、公費負担・助成を受ける場合は健康保険組合へ必ずご連絡ください。

※公費負担・助成は、対象となる病気や内容も、改正されることがありますので、詳細についてはお住まいの市区町村の窓口へお問い合わせください。

よくある質問