• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 保険給付 > 家庭で看護を受けるとき

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

保険給付

家庭で看護を受けるとき

訪問看護療養費・家族訪問看護療養費

 難病や末期ガンなど、長期療養生活が必要な患者が自宅で療養したい場合に、安心して医療を受けることができるように訪問看護サービスが行われています。
 かかりつけの医師の指示により、訪問看護ステーションから派遣された看護師・保健師、理学療法士・作業療法士などが、患者の世話や診療の補助を行います。これらの訪問看護も健康保険でかかることができます。
 基準により算定された費用のうち、本人・家族ともに3割(小学校就学前までは8割)を自己負担します。

訪問看護事業のしくみイメージ

*当健康保険組合では、これらの法定給付に上乗せして独自の付加給付を設けています。

当健保の付加給付はこちら