• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 保険給付 > 病気やケガで仕事を休んだとき

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

保険給付

病気やケガで仕事を休んだとき

傷病手当金

 被保険者の方が仕事以外での病気やケガが原因で働くことができなくなり、給料が受けられなくなったり、減給されたりした場合には、皆さんの生活を支えるために、傷病手当金が支給されます。ただし、仕事中に起こった病気やけがの場合は、労災保険から給付を受けます。

金額:一日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額の図

支給期間:1年6ヵ月まで(ただし4日目から支給)
金額:1日につき支払を始める日の基準額の3分の2に相当する額

金額:一日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額の図

CHECK!
傷病手当金の支給には次の4つの条件が必要です。
  1. 病気やケガで療養中である。(自宅療養でもよい)
  2. 病気やケガのために今までやっていた仕事につけない。
  3. 4日以上仕事を休んだとき。(続けて4日以上休んだ場合に、その4日目から支給されます。初めの3日間は待機期間といい、傷病手当金は支給されません)
  4. 給料がもらえないとき。(給料をもらっても、傷病手当金よりも少ないときは、その差額が支給されます)

資格喪失者・任意継続被保険者への傷病手当金の給付はありませんが
次の場合は、引続き支給されます。
1.被保険者期間が1年以上あり、被保険者資格喪失時に既に、傷病手当金を受給している。
2.被保険者としての期間が継続1年以上あり、資格喪失時に既に傷病手当金を受給資格が確定しており、在職中は報酬(有休等)を受けて、退職後に傷病手当金の受給を開始する場合。

*当健康保険組合では、これらの法定給付に上乗せして独自の付加給付を設けています。

当健保の付加給付はこちら

手続き

 健康保険組合に「傷病手当金請求書」を提出してください。その際、事業主および医師の証明が必要です。

A3版で印刷する人はこちら
傷病手当金・付加金請求書

A4版で印刷する人はこちら
傷病手当金請求書

記入例

記入例

記入例

給付申請書等提出遅延理由書

よくある質問