• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 保険給付 > 資格を失ったあとの給付

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

保険給

資格を失ったあとの給付

 会社をやめて被保険者の資格を失ったあとでも、退職前に1年以上被保険者だった人は、一定の条件のもとで給付を受けることができます。これを「資格喪失後の継続給付」といいます。

CHECK!
  1. 当健保組合の保険料は徴収されません。ただし、国民健康保険組合に加入していただくか、家族の健康保険の被扶養者になっていただくことになります。
  2. 付加給付は受けられなくなります。
  3. 被扶養者だった方の資格は継続されません。

図:資格喪失の給付

病気やケガで会社を休んだとき

 被保険者資格を失ったときに傷病手当金の給付を受けているか、あるいは受ける条件を満たしていたとき、資格喪失前と同様、給付を受けられます。

病気やけがで会社を休んだとき

イラスト:病気やけがで会社を休んだとき

赤ちゃんが産まれたとき

 被保険者資格を失ったときに出産手当金の給付を受けているか、あるいは受ける条件を満たしていたとき、資格喪失前と同様、給付を受けられます。
 被保険者が資格を失ったあと、6か月以内に出産したときも出産育児一時金が受けられます。

赤ちゃんが産まれたとき

イラスト:赤ちゃんが産まれたとき

本人・家族に不幸があったとき

 被保険者であった人が、1退職後3ヵ月以内に亡くなったとき(1年以上の被保険者期間は必要なし)、2傷病手当金出産手当金の支給を受けている間、または、これらの給付打ち切り後3ヵ月以内に死亡したときに、埋葬料(費)が受けられます。

本人・家族に不幸があったとき

イラスト:本人・家族に不幸があったとき

よくある質問