• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 保険給付 > 70歳以上の方のいる世帯での高額療養費の合算の仕方

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

健康づくり事業

70歳以上の方のいる世帯での高額療養費の合算の仕方

年齢により、合算の仕方が異なります!

70歳以上は…

同一月に世帯内でかかった自己負担をすべて合算できます。

70歳未満は…

同一月に世帯内でかかった自己負担のうち、21,000円を超えたものしか合算できません。

図:年齢別合算の仕方

なお、同じ世帯であっても、異なる医療保険に加入している方の医療費の合算はできません。健保と国保、健保と長寿医療制度(後期高齢者医療制度)というように加入している医療保険が異なっていると、合算はできないこととなっています。

■合算の順序

図:後期高齢者医療制度

1

70歳以上の外来にかかった自己負担を個人単位で合算して、個人単位の限度額を適用

2

世帯内で、「75歳以上」同士、「70〜74歳」同士でそれぞれ入院と外来の自己負担を合算して、世帯単位の限度額を適用

3

70歳未満のいる世帯では、「70〜74歳」と「70歳未満」とで自己負担を合算し、70歳未満の自己負担限度額を適用

図:合算の順序