• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 被扶養者調査実施のお知らせ

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

よくある質問

調査表について

扶養家族に変更はありません。調査は必要でしょうか?
すでに被扶養者になっている方が現在もその要件を備えているかを確認するための調査ですので、変更が無い場合でも、【調査票】と【証明書類】を必ずご提出ください。なお、ご提出がない場合、被扶養者資格を取消しますのでご注意下さい。
職業・学校・学年欄には学校名・勤務先を書くのですか?
名称は不要です。「大学○年」、「パート」、「アルバイト」などとご記入いただければ結構です。
扶養者がいるのに調査票に記載されていません。
今回の調査対象者は23歳以上(22年6月1日現在)の被扶養者です。そのため高校生のお子様などは調査対象外となります。尚、平成22年4月1日以降に扶養認定された方は対象外です。
調査票の住所が引越しする前の住所です。どうすればよいのでしょうか?
赤字で訂正してください。また、住所変更を行っていない場合は、所属総務部門へ身上異動届を提出してください。
単身赴任家庭はどちらに○をつけるのですか?
単身赴任は「同居」に○をして下さい。ただし、夫が単身赴任、妻が留守家庭、息子さんは別に1人暮らしの場合、息子さんは「別居」扱いとなります。
ホームページに扶養者として認定されるための収入要件として、「年収130万円未満」等の記載があります。いつを起算にして1年間の年収を見るのですか?
調査時より先の(見込み)収入で判断します。ですから、過去の年間収入が130万円を超えていたとしてもその実績から判断するのではなく、申請時より先の見込み年間収入が130万円を超えるかどうかによって判断することになります。
収入には障害者年金・遺族年金も含まれますか? また、受給している場合何を添付すればよいですか?
全て含まれます。添付書類は各年金通知書のコピーです。年金通知書の住所の部分もコピーしてください。なお、年金通知書を紛失された場合は最寄りの年金事務所(旧社会保険事務所)で再発行手続きを行ってください。

添付書類について

無職の配偶者もなにか証明が必要ですか?
平成21年の非課税証明書が必要です。
市役所に問い合わせたところ、平成21年度に収入があった場合、非課税証明書がとれない可能性があると言われました。その場合、どのような書類を提出すればよいのでしょうか?
その場合、「課税証明書」の提出をお願いいたします。 調査票備考欄に収入が無くなった日が判る様に「平成21年△月△日にて退職」等をご記入下さい。
ただし、金額が非常に高い方は離職票(原本)のご提出を求める場合がございます
非課税証明書や住民票の発行は有料ですが、この費用は「全額自己負担」でしょうか?
自己負担でお願いいたします。
給与明細をなくしてしまいました。2カ月分(2カ月分)しか手元にありません。
直近3カ月分必要ですので勤務先に給与支払証明書の作成を依頼してください。用紙の形式は問いません。
給与明細を全て破棄してしまいました。
直近3カ月分必要ですので勤務先に給与支払証明書の作成を依頼してください。用紙の形式は問いません。
平成22年の1月分、3月分、4月分の給与明細書では駄目ですか?
現在も調査対象者に収入があれば、直近3カ月分(4月・5月・6月分)の給与明細書コピーが必要です。
配偶者に収入がある場合は源泉徴収票のコピーでは駄目なのでしょうか?
今年度の収入状況が確認できませんので、直近3カ月分の給与明細書のコピーが必要です。
配偶者が昨年の10月までパートをしていて、その後退職し現在は収入がありません。証明書を取ると収入が載ってきますが、よいのでしょうか?
現在は「収入なし」にあたりますので、「年間収入欄」は0円。職業の欄は「無職」。備考欄に「平成21年10月末退職」とご記入ください。
添付書類は平成21年の課税証明書(原本)となります。ただし、平成21年の収入額が非常に高い方は離職票(原本)等のご提出を求める場合がございます。
なお、明らかに被扶養者の資格基準を外れているにもかかわらず、継続して保険給付を受けていた場合、その保健給付額を請求させていただきます。
息子が今年の2月まで毎日アルバイトをしていて、その後退職し、現在は収入がありません。証明書を取ると昨年は140万円強の収入となっていたのですが、大丈夫でしょうか?
現在は「収入なし」にあたりますので、「年間収入欄」は0円。「年金受給」は無にマルをつけていただき、職業の欄は「無職」。備考欄に「平成22年2月末退職」とご記入ください。
ただし、昨年は明らかに被扶養者基準を外れています。そのため、息子さんが昨年どのような保険給付を受けたのかを審査し、場合によっては保険給付額を被保険者へ請求いたします。
被扶養者が年金を受給している場合は、「調査票」に金額を書くだけではダメなのでしょうか?
年金通知書のコピーを添付してください。もし紛失した場合(障害年金や遺族年金も同様)、最寄りの年金事務所(旧社会保険事務所)へ通知書の再発行依頼をしてください。
最近パートをはじめたばかりで、まだ1カ月が経過していません。何を添付すればよいでしょうか?
現在勤務している勤務先に給与支払証明書(見込み額)を記載してもらったものを添付してご提出願います。

送金の証明について

現在別居中の母を扶養にしています。生活費はお盆や帰省時に手渡しをしていて送金証明といったものがありません。どうしたらいいでしょうか?
送金証明は第三者がみて、送金元、送金先、送金金額がわかる公的な証明が必要です。手渡しでは生計維持の証明にはなりませんので、被扶養者から外れていただくことになります。
その後、連続3カ月分の仕送り実績を作っていただき、改めて申請してください。
現在別居中の母を扶養にしています。母は年金が月額10万円程度あります。 送金は行っていますが、月に3万円〜5万円と足りなくなったら送金するという形です。それでもよいのでしょうか?
まずは、ある分のみ送金証明を提出してください。
しかしながら、年金10万円/月だったとすれば、毎月3〜5万円の仕送り額では生活費の大半を援助しているとはいい難い状況です。
扶養対象者の収入以上の額を仕送りしていなければ、経済的扶養は認められないことになります。
別居する息子(学生)が住んでいるアパートの大家さんへ家賃を毎月振り込んでいます。この証明を仕送りの証明として提出してもいいですか?
家賃であることの証明(振込先名=大家)等を連続3ヶ月分提出いただければ結構です。