• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 介護保険について > 医療と介護の自己負担が高額になったとき

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

介護保険について

医療と介護の自己負担が高額になったとき

イラスト:医療と介護の自己負担が高額になったとき

高額介護サービス費制度

 介護サービスの1割の負担が高額になる場合には、下表のように自己負担限度額を設定され、この限度額を超えた部分の払い戻しを受けられます。これを「高額介護サービス費制度」といいます。世帯に複数の利用者がいる場合には、すべての利用者の月々の1割負担を合算した額が基準になります。また食費や居住費は自己負担となりますが、年金収入などに応じて下表のように自己負担限度額が設定されています。

■高額介護サービス費制度
  自己負担限度額
(月額)
食 費 居住費
第1段階
(生活保護受給者など)
15,000円 10,000円 0円
第2段階
(年金収入などが 年間80万円以下)
15,000円 12,000円 10,000円
第3段階
(年金収入などが年間80万円超、266万円未満)
24,600円 20,000円 10,000円
第4段階
(上記以外の人)
37,200円

高額介護合算療養費

 介護と医療の両方を受け、自己負担の合計が高額になっている方の負担を軽減するためのものです。市区町村にて介護保険に関する自己負担額証明書の交付を受けた後に、その証明書を添付して健保組合に支給申請を行うことにより、医療保険と介護保険から、それぞれ自己負担額に応じて支給されます。

■高額介護合算療養費における自己負担限度額(年額)
  75歳以上 70〜74歳 69歳以下
現役並み所得者(上位所得者) 67万円 67万円 126万円
一般 56万円 56万円 67万円
低所得者 II 31万円 31万円 34万円
I 19万円 19万円