高額療養費

 健康保険で診療を受けて、1ヶ月の1医療機関あたりの自己負担額(入院時食事療養費や入院時生活療養費の自己負担、保険外併用療養費の差額を除く)が一定額を超えたとき、加入している患者さんの負担を軽減するために、その一定額を超えた額が健康保険から支給されます。