出産手当金

 被保険者が出産に伴う休業期間中に給与を減額されたとき、または無給になったときに、生活を支えるため支給されるものです。。基本的には、出産の日以前42日から出産日の後56日までの間で、休業した期間の1日について、支払を始める日の基準額の3分の2に相当する金額が支給されます。働けなかった期間に報酬が支払われる場合は、出産手当金の支給は停止されますが、その報酬の額が出産手当金よりも低額の場合は、その差額が支給されます。