生活習慣病

 かつては「成人病」と呼ばれていました。生活習慣病は加齢のよるものではなく、日ごろの生活習慣に起因するとされています。がん、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)、脳卒中、高血圧、糖尿病、脂質異常症などのほかに、痛風(高尿酸血症)、肥満症、骨粗鬆症、肝機能障害、歯周病などが含まれます。