第三者行為

 交通事故など、傷病の原因について第三者(相手)がいる場合、その原因となった行為を第三者行為と言います。その場合の医療費は、原則として、加害者が負担すべきものですが、その弁償が不十分であったり、遅れたりする場合、または緊急に治療が必要な場合には、健康保険で治療がうけられます。この場合に健康保険で負担した分は、後で加害者へ請求することになります。