保険外併用療養費

 保険が適用されない療養と、保険が適用される療養を合わせて受けた場合、原則として全額が自己負担となりますが、一部については保険診療との併用が認められており、その通常保険が適用される部分については3割の自己負担で、残りの7割は「保険外併用療養費」として健康保険より支給されます。