• ホームへ
  • 当健保組合のご案内
  • 健康保険とは
  • 保険給付とは
  • 各種申請書は
こちらから
  • 健康づくり事業
  • 所在地連絡先

ホーム > 健康づくり事業 > 特定健康診査・特定保健指導

文字の大きさ変更

  • 文字サイズ:標準
  • 文字サイズ:大きく

特定健診・特定保健指導

40歳以上の方へ

イラスト:メタボリックシンドローム予防 これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。
 特定健康診査(特定健診)は、「病気の予防」を目的としています。具体的には内臓脂肪型肥満に着目した、「生活習慣病予防の保健指導」を必要とする人を選び出すための健診です。対象者は40歳以上75歳未満(年度途中に75歳に達する人を含む)の加入者で、被保険者だけでなく被扶養者も対象となります。
 健診を受診したあとは、健診と問診の結果に基づいて、生活習慣病予防のために、生活行動変容につながる保健指導を行います。この保健指導を特定保健指導といい、生活習慣改善の必要性が高い人には積極的支援、生活習慣改善の必要性が中程度の人には動機づけ支援といった様に、それぞれのレベルに応じた保健指導が行なわれます。

特定健康診査等実施計画について

 健康保険組合等の医療保険者は、平成20年度より「特定健康診査等の実施に関する計画」を策定しなければならないとされました。この計画の中では「特定健康診査等の具体的な実施方法」・「特定健康診査等の実施及びその成果に関する具体的な目標」等を定めることとされています。当組合においても、ここに「特定健康診査等実施計画」を定め、事業主及び組合員の皆さまのご協力を賜り、目標達成に向けて全力で努力して参ります。

サッポロビール健康保険組合 特定検診等実施計画

特定健診で3つに階層化されます。

ステップ1:内臓脂肪の蓄積リスクを判定

タイプ1イメージ

タイプ2イメージ

ステップ2:健診結果から該当する項目(追加リスク)をカウント
  • 1)血糖:空腹時血糖値100mg/dl以上、またはHbA1c5.2%以上、または薬物治療を受けている。
  • 2)脂質:中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満、または薬物治療を受けている。
  • 3)血圧:収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上、または薬物治療を受けている。
  • 4)喫煙歴:あり(1〜3のリスクが1つ以上の場合にのみカウント)
ステップ3:ステップ1、2から保健指導のレベルを決定(階層化)

情報提供

動機づけ支援

積極的支援

区分に応じて保健指導が行なわれます

情報提供
受診者全員

生活習慣病の特性や生活習慣の改善に関する基本的な理解を支援します。パンフレットなどで情報を提供します。

動機づけ支援
リスクが出現し始めた段階

生活習慣の改善に対する個別の目標を設定し、自助努力による行動変容が可能となるような動機づけを支援します。

原則1回の支援(個別またはグループ)で6カ月後に評価

積極的支援
リスクが重なりだした段階

準備段階にあわせて個別の目標を設定し、具体的で実践可能な行動の継続を支援します。

3カ月以上の継続支援(個別、グループ、電話、メールなど)で6カ月後に評価

※服薬中の人は、特定保健指導の対象になりません。
※65歳以上75歳未満の人は、積極的支援の対象となった場合でも動機づけ支援となります。

イラスト:

メタボリックシンドロームとは?

 メタボリックシンドロームは、なぜ怖い?
 メタボリックシンドロームというのは、肥満、脂質異常症、高血糖、高血圧などをあわせ持った状態のことです。これらは、すべて動脈硬化を促進する危険因子。こうした危険因子がいくつかあると、たとえ1つひとつの程度は軽くても、動脈硬化が急速に進んでしまいます。その結果、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血など、命にかかわる重大な病気を引き起こします。

図:メタボリックシンドロームの起こり方